女医

高齢者の更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因している

神経圧迫による腰痛の対応

医者

脊柱管狭窄症は、加齢などによって背骨の変形が起こって神経が圧迫されることによって痛みや痺れを感じます。治療としては適正な位置に背骨を整えて、神経の圧迫を取り除きます。根治できるのは手術や運動による姿勢の改善です。

Read

女性に必ずやってくる症状

婦人

漢方薬で体質を改善する

更年期障害は40代を過ぎた女性に起こる症状です。主にホルモンバランスの乱れが原因ですが、誰にでも起こる症状なので通常の病気とは異なった治療が行われます。病院で主に行われるのはホルモン療法やカウンセリングなどの精神療法です。更年期障害の女性に好まれるのが漢方薬を使った治療です。なぜ好まれるかというと副作用が少なく、体質改善に効果があるからです。ひどい更年期障害は別として、一般的な症状の場合は漢方薬を飲んで体質改善を図れば軽くやり過ごすことができます。漢方薬には長い歴史があり、その過程で育まれてきた叡智が活かされています。血行を良くして体全体の調子をアップすることができるので、病気とはいえない更年期障害には最適なのです。

生活習慣と食生活の改善

更年期障害は女性のほとんどが経験する症状です。40代を過ぎると閉経に向かってホルモンバランスが崩れてきます。このことはわかっていることですので、40代になる前から対策をしておくと更年期障害を軽くやり過ごすことができます。そのためには適度な運動を続けて、十分な睡眠をとるといった生活習慣を身につけることです。女性に不足がちな栄養素を摂取できるような食生活に改めることも大事です。またストレスや疲労を溜めないようにします。精神的な疲労が更年期障害に及ぼす影響も大きいので、何でも話し合える友人関係を築いておくことも効果があります。食生活では女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの摂取を心がけます。納豆や豆腐を食べることで十分に補給ができ、更年期障害の予防効果になります。

胸部に起こる炎症

病院

癌性胸膜炎は癌細胞が胸部に転移したものです。予後はよくないが、工夫次第で生活の質をあげることはできます。気持ちを前向きにもつことが重要です。早期に発見するとより治療がスムーズになるので、ささいな異常に思えても医師や看護士に相談すべきでしょう。

Read

がん治療後は転移に注意を

看護師

がん細胞が血液などに乗って、違う場所で増殖するのを転移と呼びます。転移がんの治療方法は抗がん剤や放射線、あるいは免疫細胞などがあります。離れた場所への転移も多く、治療の段階で転移に対する措置が取られます。また経過観察で見つかることもあります。それ以外にも異常がある時は、速やかに医師に相談しましょう。

Read